海外Wi-Fiレンタルサービスは当日に利用できる?

海外Wi-Fiレンタルの基礎知識

海外Wi-Fiレンタルサービスは当日に利用できるの?

「急に海外旅行に行くことになったけど、当日に海外Wi-Fiレンタルサービスは利用できるの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

国際データローミングでは高額な料金が発生しますので、焦って海外Wi-Fiレンタルに申し込もうとしている方はいます。

事業者によって異なりますが、海外Wi-Fiレンタルの中には当日申し込みが可能なサービスがあります。

その代表的なサービスがグローバルWiFiで、当日レンタルの詳細について見ていきましょう。

・当日のご利用に関してはインターネットでの申し込みは受け付けていない
・渡航先によっては電話や空港カウンターの利用でモバイルルーターの申し込みが可能
・当日に申し込み希望のお客様は「0120-470-386」まで問い合わせる
・「成田国際空港」「羽田空港」「関西国際空港」「中部国際空港」「新千歳空港」「福岡空港」「那覇空港」で受け取りが可能

海外旅行に出掛ける前に、海外Wi-Fiレンタルサービスを申し込んで現地でインターネットを使えるのは便利ですね。

1台のモバイルWiFiルーターさえ持っていれば、複数のデバイスで規定のデータ通信量までインターネットを楽しむことができます。

他にも、グローバルWiFiにどんなメリットがあるのかまとめてみました。

・海外WiFiの対応国数が200ヵ国以上と業界の中でもトップクラスに多い
・高速通信の4G-LTEに対応している国は世界54ヵ国と多い
・「通常プラン」「大容量プラン」「超大容量プラン」の3種類から自由に選択できる
・「ハワイ」「韓国」「台湾」の3ヵ国は現地で受け取ることができる
・日本へと帰国してきた後に返却BOXを使ってラクラク返却ができる

1年間の利用者数が100万人以上と人気の海外Wi-Fiレンタルサービスですので、国際データローミングや海外プリペイドSIMではなくグローバルWiFiを利用してみてください。

海外専用グローバルWiFi

海外Wi-Fiレンタルを前日までに済ませた方が良い理由

海外Wi-Fiレンタルは、サービスによって当日でも申し込みできると上記では説明しました。

出発が迫っていて焦っている方でも利用できますが、前日までに海外Wi-Fiレンタルの申し込みを済ませるのが理想です。

なぜ海外Wi-Fiレンタルを早めに申し込んでおいた方が良いのか理由を見ていきましょう。

・オンライン上で公式サイトを使って簡単に申し込みができる
・海外Wi-Fiレンタルによっては当日利用に対応していない
・繁忙期や人気の渡航先だと在庫が全て出払っている可能性がある

当日利用OKの海外Wi-Fiレンタルでも、在庫がなくて借りられないというケースは少なくありません。

インターネット上で申し込みができないのも意外と不便ですので、なるべく早めに手続きを済ませておくべきです。

グローバルWiFiの申し込みの流れをまとめてみた

指定されている期限までであれば、グローバルWiFiはインターネット上で申し込みができます。

不測の事態で当日に利用できないケースもありますので、あらかじめ余裕を持って申し込んでおいた方が良いですね。

以下では、グローバルWiFiの申し込みの流れを簡単にまとめてみました。

①グローバルWiFiの公式サイトにアクセスして渡航日程や料金プランなどの情報をフォームに入力する
②国内空港や宅配、ハワイや韓国の場合は現地などモバイルルーターの受取方法を選択する
③現地に行ったらルーターの電源を入れてパスワードを入力すると直ぐに快適なインターネットが使える
④日本に帰ってきたら国内空港や宅配で返却する(羽田空港では24時間いつでも宅配ボックスが利用できる)

申し込みの期限は空港ごとに異なりますので、渡航先に合わせて何日前までに手続きをすれば良いのか確認しておくべきです。

「バッテリーの持ちもそこそこ良い気がします」「渡航先で快適にインターネットに接続できました」と口コミの評判を獲得していますので、海外Wi-Fiレンタルの選び方で迷っている方はグローバルWiFiを利用してみましょう。

コメント