5ステップの比較で簡単に決める海外Wi-Fiレンタルサービスの選び方

海外Wi-Fiレンタルの基礎知識

5ステップの比較で簡単に決める海外Wi-Fiレンタルサービスの選び方をご紹介します

海外に旅行や仕事で行くときには、海外Wi-Fiルーターを持っていくと便利です。

海外Wi-Fiルーターを1台レンタルするだけで、渡航先で自分のスマホやパソコンから簡単にインターネットに接続できます。

しかし海外Wi-Fiレンタルサービスはたくさんありますので、比較してもどのサービスを選べばよいのか迷いますよね。

そこでこのページでは、海外Wi-Fiレンタルサービスを比較する前に決めておきたい5つのポイントをお伝えします。

この5ステップを検討するだけで、自分にぴったりの海外Wi-Fiレンタルサービスを簡単に決めることができますよ。

  1. データ容量を決める
  2. 通信速度を決める
  3. オプションを決める
  4. 台数を決める
  5. 料金を比較する

海外Wi-Fiルーターの通信データ容量を決める

まずどれ位インターネットに接続する予定なのかを決めましょう。

海外Wi-Fiレンタルサービスでは、データ容量別のプランを提供しています。

各サービスによって提供しているデータ容量は異なりますが、多くのサービスでは250MB(メガバイト)、500MB、1GB(ギガバイト)の3つのプランを用意しています。

1GBは1,000MBですので、500MBの2倍のデータ容量になります。

データ通信量別にどれくらいインターネットに接続できるのか比較してみましょう。

サービス250MB500MB1GB
Web閲覧約1,000ページ約2,000ページ約4,000ページ
メール送信(画像添付500K)約500通約1,000通約2,000通
LINE(テキスト500文字)約12万5千回約25万回約50万回
LINE(音声通話)約10時間約20時間約40時間
YouTube閲覧(HD画像)約2分約4分約8分
グーグルマップ約67回約135回約270回
Instagram写真投稿約10回約20回約40回

利用状況によって通信量は変わってきまので、あくまで参考値として目安にしてみてください。

基本的にはデータ容量が2倍になれば、できることも2倍になると考えておけばよいでしょう。

数字は1日当たりのデータ容量でできることの目安ですので、意外に250MBでも結構色々使えます。

海外では訪問先の風景をインスタに投稿したりしたくなりますが、画像をアップロードするときは大きな通信量が必要となりますので注意してください。

YouTubeなどの動画視聴もすぐにデータ容量を消費しますのでレンタルしたWi-Fiルーターでは見ないようにしましょう。

それでは今回の海外旅行で、自分がどれくらいのデータ容量が必要か決めましょう。

250MB、500MB、1GBの3択です。

.
.
.
.
.

決まりましたか?

それでは次にレンタルする海外Wi-Fiルーターの通信速度を決めましょう。

海外Wi-Fiルーターの通信速度を決める

通信速度は2択です。

3Gか4G(LTE)のどちらかです。

快適にインターネットを使いたい場合は、高速通信の4G(LTE)を選択しましょう。

3Gより4Gの通信速度は約5倍以上と言われています。
例えば、Google Mapを表示する場合、3Gは4Gの2倍近い時間がかかってしまうようです。

利用状況により通信速度は変化しますので、あくまで目安として通信速度を決める参考にしてみてください。

日本では、2012年頃から4G(LTE)のサービスが利用され始めました。
そのため、日本でインターネットに接続する時には4Gを利用している人も多いでしょう。

Wi-Fiルーターをレンタルするときに安いという理由だけで3Gを選択してしまうと、スピードの遅さにイライラしてしまうかもしれません。

日本と同じようなネット利用を望む場合は、4G(LTE)プランを選択しましょう。

海外Wi-Fiルーターのオプションを決める

海外Wi-Fiルーターをレンタルするときには、様々なオプションを追加することができます。

主なオプションは、Wi-Fiルーターを壊したり、紛失したりしてしまったときなど、もしものトラブルを補償してくれる安心補償パックや、Wi-Fiルーターの電源切れのときに役立つモバイルバッテリーがあります。

加入すべきか迷いますが、一旦オプションには入らない、ということで検討しましょう。

普通に使っていればWi-Fiルーターを壊すことはありませんし、Wi-Fiを使わないときに電源をオフにすれば何度も充電する必要はありません。

もしそれでも心配な方は、どのオプションにするか選んだ上で、海外Wi-Fiルーターサービスを比較して下さい。

レンタルする海外Wi-Fiルーターの台数を決める

ここまでで、Wi-Fiルーターのデータ容量、通信速度、オプションが決まりました。

次はあまり迷うことはないと思いますが、何台のWi-Fiルーターをレンタルするかを決めましょう。

検討が必要になるのは次に当てはまる方です。

  • 同行者と別行動する予定の方
  • 1日1GB以上インターネット接続する予定の方

一人で海外に行く場合や、同行者とずっと一緒に旅行する場合は1台で問題ありません。

しかし友だちや家族と一緒に行く場合に、もし別行動を予定しているのであれば注意が必要です。

別行動の間に、それぞれがインターネットを利用したいという場合は、それぞれWi-Fiルーターを持つ必要があります。

そのような場合は、複数台レンタルしておくと安心です。

もし別行動してもネット接続しないようにできれば、レンタルする台数も少なくて済みますので負担が減りますよ。

そしてもう一つ、複数台レンタルする必要があるのが、1日1GB以上ネットに接続する場合です。

ほとんどの海外Wi-Fiレンタルサービスでは、1日1GBが最大のデータ容量になっています。

そのため、1日に1GB以上ネットに接続する予定の方は、必要に応じてレンタルする台数を増やしておきましょう。

海外Wi-Fiルーターの料金を比較する

ここまで、データ容量、通信速度、オプションの有無、レンタルする台数を決めてきました。

これらが決まれば、あとは渡航先で使える各海外Wi-Fiレンタルサービスの料金を比較するだけです。

国や地域別にレンタル料金の比較しているので、下記から渡航先を選んでください。
簡単にレンタルする海外Wi-Fiレンタルサービスが見つかりますよ。

インド インドネシア(バリ/ジャカルタ) 韓国 カンボジア シンガポール スリランカ タイ 台湾 フィリピン ベトナム 香港 香港マカオ周遊 マカオ マレーシア ミャンマー ラオス

ヨーロッパ周遊 アイルスランド アイスランド イギリス イタリア エストニア オーストリア オランダ キプロス ギリシャ クロアチア スイス スウェーデン スペイン スロバキア スロベニア チェコ デンマーク ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポーランド ポルトガル マルタ共和国 ラトビア リトアニア ルクセンブルク ロシア

アメリカ カナダ グアム サイパン ハワイ フィジー テニアン島 ロタ島

オーストラリア ニュージーランド タヒチ

アルゼンチン チリ パラグアイ ブラジル ベネズエラ ペルー メキシコ

エジプト チュニジア 南アフリカ モロッコ

イスラエル トルコ

コメント