関空の海外Wi-Fiレンタルサービスを比較するにあたって押さえておきたいポイント

海外Wi-Fiレンタルの空港別おすすめ

関空の海外Wi-Fiレンタルサービスを比較するにあたって押さえておきたいポイントはこれだ!

海外に行く場合、関西国際空港から出発することも多いと思います。

多くの海外Wi-Fiレンタルサービスでは、関空での受け取りや返却ができるようになってきているため、料金だけでどこのWi-Fiレンタルサービスを利用するか決めてしまいがちです。

しかし、レンタルサービスによって、関空での受け取り方や返す方法が違いますし、カウンターや営業時間も異なります。
ご自分のフライトに合うように、どの会社でレンタルするのかは意外に重要です。

そこで、このページでは、関空の海外Wi-Fiレンタルサービスを比較するにあたって押さえておきたいポイントをご紹介していますので、海外旅行や海外出張の前に目を通しておきましょう。

受け取り方法で比較する

関空でWi-Fiルーターを受取る場合は、空港カウンターで手続きして受け取るサービスがほとんどです。

空港カウンターでは、スタッフからWi-Fiルーターの使い方等を説明してもらえますので、初めて海外Wi-Fiレンタルサービスを利用する方
にとっては安心です。

もしWi-Fiルーターについて疑問や質問がある場合は、借りるときに気軽にスタッフに聞くことができることがメリットといえるでしょう。

一方、デメリットとしては、混雑時には空港カウンターの行列に並ぶ必要があり、Wi-Fiルーターを受け取るまでに時間がかかることがあることです。

そのため、Wi-Fiルーターの受け取り方法でおすすめなのが、専用ロッカーでの受け取りです。

専用ロッカーで受取をすれば、行列に並ぶ必要もなく、出発当日の手続きも必要ありません。

Wi-Fiルーターを初めて使うので心配という方でも、ロッカーで受け取って、もし疑問があればカウンターのスタッフに聞けば良いだけですので、専用ロッカーでの受け取りがおすすめです。

そのロッカー受け取りのサービスを提供している会社はあまりありません。
数多くの海外Wi-Fiレンタルサービスの中で、専用ロッカーで受け取れることができるひとつが、Wi-Fiレンタル大手のグローバルWi-Fiです。

スマートピックアップというサービスで、空港カウンターに並ばずに専用ロッカーに保管されているWi-Fiルーターを取り出すだけですので、とても簡単です。

グローバルWiFiの専用ロッカーでレンタルすることを検討してみてください。

海外専用グローバルWiFi

受け取り場所で比較する

関西国際空港では、第1ターミナルでWi-Fiルーターを受け取りできるサービスが多いです。

先ほどご紹介したグローバルWiFiは、関空の出発ロビーである4階や到着ロビーの1階にカウンターを設置しています。
専用ロッカーは国内線到着ロビーの2階にあります。

複数の受け取り場所があるということは、行列に並ぶ可能性が少なくなるのでおすすめです。

海外Wi-Fiレンタルサービスで有名なイモトのWiFiは、関空の第1ターミナル到着ロビーの1階、エクスモバイルは第1ターミナル出発ロビーの4階の1か所だけになります。

関空の第2ターミナルでWi-Fiルーターを受け取ることができるサービスもあります。
LCCのPeach(ピーチ航空)や春秋航空などの格安航空会社を利用する場合は、第2ターミナルが便利ですのでおすすめです。

グローバルWiFiは、関空第2ターミナルの国際線到着ゲート前の関空まち処で受け取り可能です。
イモトのWiFiは、第2ターミナルの国際線出発ゲートで受け取りできます。
エクスモバイルなどは、第2ターミナルで受け取ることはできませんので、注意してください。

ご自身のフライトにあわせて、関空の受け取り場所から海外Wi-Fiレンタルサービスを検討してみてください。

返却方法で比較する

海外Wi-Fiルーターは、受け取り同様に、カウンターで返却するサービスが多くあります。

空港カウンターに加えて、24時間返却できる返却Boxを用意している海外Wi-Fiレンタルサービスもあります。
長旅の後、わずらわしい手続きをせずに、返却ボックスに返すだけというのは簡単でありがたいですよね。

ロッカーで受け取りができるグローバルWiFiは、もちろんロッカーでの返却サービスもありますのでおすすめです。
イモトのWiFiも返却も、専用の返却Boxで返すことができます。

海外から帰ってきて、関空でWi-Fiルーターをサクッと返して家に帰りたい方には、返却Boxがあるサービスがおすすめです。

返却場所で比較する

関西国際空港では、受け取り場所と同様に、返却する場所も第1ターミナルのカウンターであるサービスが多くなっています。

業界大手のグローバルWiFiでは、関空第1ターミナルの南カウンターと北カウンターがあります。
北カウンターには24時間返却可能な返却Boxがありますので、カウンターが閉まってる場合でも返却できるので安心です。

関空第2ターミナルのカウンターでも返却できます。
受け取りと同じく、国際線到着ゲート前の関空まち処で返却できます。

関空で乗り継ぎして海外Wi-Fiレンタルするときの注意ポイント

関西国際空港のターミナルにある海外Wi-Fiレンタルサービスは出国ゲートの外にあります。
出国審査やセキュリティチェック後、出国ゲートを一度通過してしまうとレンタルできませんので注意が必要です。

国内線で関空に到着し、乗り継ぎで海外に行く場合も注意してください。

関空でトランジットする場合は、一度搭乗口の外に出て、Wi-Fiルーターをレンタルしてから、海外の出国手続きをしてください。

コメント